視覚障がい者のデジタル社会への参加

障害のある人誰一人取り残さない

姫路デジタルサポート

・右の写真の説明

視覚障がいのあるユーザーには、右の写真のような凸型シールは必須ツールです。特に文字入力時には、「な」「削除」キーのシールが役立ちます。

凸型シールを貼ったiPhone画面

視覚障がい者のICT活用サポート

デジタル社会に対して不安になっている人々のイラスト

私たちは、「見えない人」や「見えにくい人」のICT活用の普及促進活動を行うボランティア団体です。姫路市やその周辺において、視覚障がい者向けiPhoneの使い方講習会や相談会などを定期的に開催しています。

地方では全くサポートを受けることができないところも少なくありません。全国のサポート団体や関係団体との連携を深め、このようなデジタルデバイドの解消を進めていきます。

活動指針の詳細へ

新着情報

見えない方や見えにくい方へ

ICTサポーターやサポーターを目指す人へ

ICTサポート団体の方

デジタルデバイドなど、サポート団体が抱えるさまざま課題について対処するため、全国のサポート団体や関係団体と連携・協力を進めます。

連携・協力の詳細

ニュースレター

・カテゴリー別ニュースレター

最近の投稿

  • 個別サポート(1月21日)の報告
    1月21日(土)に開催した個別サポートの内容について報告します。 ユーザー4人、サポーター5人が参加しました。 次のサポートを行いました。 […]
  • 個別サポート(1月14日)の報告
    1月14日に行った個別サポートの内容です。 参加者は、ユーザー3人、サポーター5人でした。 サポート内容 ◆ASさん ①ナビレンズを体験 正 […]
  • 明石 見えない人・見えにくい人にやさしいスマホ教室
    11月2日から月1回、明石でiPhone教室を開催します。今回の教室は、兵庫県身体障害者福祉協会(兵身協)の主催となり、姫路デジタルサポート […]

サイト運営者:姫路デジタルサポート(ボランティア団体)VoiceOver操作テキスト一覧 ICTサポート活動 ボランティア募集 お問い合せ サイトマップ