5月個別サポートの報告

VoiceOverのパーソナルトレーニング

5月11日(土)、姫路市総合福祉会館にて個別サポートを行いました。参加したユーザー3人に対して、サポーター4人で対応しました。

  • ・ユーザー1:アイホン(ボイスオーバー)を使い始めて約8ヶ月の方です。
    • ・パスコードをスムーズに入力できるよう練習し、その後、2本の指の指紋を登録しました。指紋認証でロック解除の練習を行いました。
  • ・ユーザー2:アイホン(ボイスオーバー)を使い始めて約6ヶ月の方です。
    • ・数字の入力の練習、メモアプリに音声で文字を入力する練習をしました。さらに、電話履歴から連絡先に電話番号や名前を登録する練習をしました。
  • ・ユーザー3:視覚を用いてスマホを操作ができる方で、試験的にAndroidスマホのサポートを行いました。
    • ・視覚障がい者用アプリのサリバン、ユニボイス、Be My Eyes, lCカードリーダー、スケジュール表、神姫バスの時刻表、メモ帳、アプリのバージョンアップなどの使い方について、一緒に練習しました。
個別サポートの様子。横に座るサポーターがアドバイスをしています。
写真 個別サポートの様子

takahiro93

視覚障害者のICT応援団をしています。 パソコンやiPhoneは、視覚障害者にとって日常生活ツールとなっています。しかし、視覚障害者が操作できない部分があるウェブやアプリがまだまだ多くあります。また、視覚障害者の8割近くが、パソコンやスマフォをまだ活用していないと言われています。このような問題の解決に努力したいと思っています。

コメントを残す