VoiceOverによるZoom会議練習会

ZoomによるiPhoneのサポートを目指して

姫路デジタルサポート

8月7日(土)、21日(土)に各自自宅からZoomに接続し、練習会を実施しました。

□基本操作の練習

会議画面のコントロールボタン
会議画面のコントロールボタン

8月7日、Zoomの利用が初めての方または数回の方、6人が練習を行いました。お一人は時間があまりないこともあり、マイクの「ミュート解除」がうまくできませんでした。他の5人はニュート解除を行うことがきました。Zoomの各種コントロールボタンについて説明しました。

iPhoneのZoomアプリはサインアップ登録をしていなかったので、参加者の多くの人の名前が「iPhone」になってしまいました。8月21日は、参加者の名前に修正しましたが、再度接続するとまた「iPhone」に戻っていました。Zoomアプリのサインアップを行って、名前を登録する必要があります。

□音声と画面の共有化

8月21日は、iPhoneのサポートを受けるために、VoiceOverの音声と画面の共有化について練習しました。

音声の共有化は、アイネット世田谷さんが紹介されている「オリジナルオーディオ」を使用しました。接続前に設定を変更し、接続後に「詳細」の「オリジナルオーディオの有効化」をオンにすること、さらに、イヤホンを使用している場合はスピーカーに切り替えることなど、2つのステップを経る必要があります。VoiceOverの音声を参加者が聞くことができました。ただ、やや雑音が多かったこと、iPhoneによって音量が異なったことが気になりました。

画面の共有化は、「共有」の「画面」を選択し、「ブロードキャストの開始」ボタンを実行することで開始されますが、「ブロードキャストの開始」ボタンが見つけにくく、開始までに少し時間がかかった方がおられました。

参加者はZoom初心者の方でしたが、少し練習することで、何とか、音声と画面の共有をすることができました。これからiPhoneのサポートに使えそうだを実感しました。

コメントを残す