5月個別サポートの報告

VoiceOverのパーソナルトレーニング

5月24日(金)個別サポートを行いました。

5人のユーザーさんに、6人のサポーターが対応しました。

写真 ユーザーとサポーターが向かあって、入力練習を行っている様子
電話番号とパスコードの入力練習の様子 

ユーザー1:

  • ・初心者プログラムの3回目を実施
  • ・電話番号、パスコードの入力練習をしました。指紋認証は次回に。
  • ・電話履歴の電話番号を連絡先に登録しました。

ユーザー2

  • ・Be My Eyesアプリで撮影した写真をBe My AIで解析し、写真の詳細な説明を聞くことができました。さらに、写真で知りたいことを音声入力して、写真について追加の説明を聞きました。
  • ・写真アプリの写真を Be My AIで詳細な説明を聞きました。

ユーザー3、ユーザー4

  • ・ユーザー辞書に名前や住所を登録し、各種アプリやWebページでの利用方法について学習しました。
  • ・Safariアプリでやまさんの森を使って検索する方法を学びました。また、やまさんの森をリーディングリストに登録し、そこへアクセスできるようになりました。

ユーザー5

  • ・はじめての方で、視力はルーペを使えば、画面の文字が読める程度。
  • ・電話の取り方と切り方を、通常の操作とVoiceOverでの操作を行いました。
  • ・次回からVoiceOverを徐々に勉強したいとのこと。
個別サポートの様子。各グループに分かれ、サポーターとユーザーが向き合って座っています。
個別サポートの様子。
写真2人のユーザーと2人のサポーターが向かい合って、ユーザー辞書の登録を行っている様子。
ユーザー辞書についての個別サポートの様子。

takahiro93

視覚障害者のICT応援団をしています。 パソコンやiPhoneは、視覚障害者にとって日常生活ツールとなっています。しかし、視覚障害者が操作できない部分があるウェブやアプリがまだまだ多くあります。また、視覚障害者の8割近くが、パソコンやスマフォをまだ活用していないと言われています。このような問題の解決に努力したいと思っています。

1件のコメントがあります

  1. 堀敏彦

    栗川先生
    大変ご無沙汰しております、岐阜の堀です。いつも有意義な情報ありがとうございます。毎日、姫路デジタルサポートのメールと共に、聴視読(これが現在の私の読み方になります)しております。
    最近、iPad mini5の中古を手に入れ、iTunesを使い、バージョンを12.3.1から17.4.1に上げて、iPhoneSE3と同期しました。両機種ともBeMyEyesが、インストールして在ります。両機種アプリのバージョンは5.3.8(1)と同じですが、iPhoneのBeMyAIは、問題無く情景説明?をしてくれますが、iPad mini5の方は、前のバージョンの短い情景文章説明に終始します。
    iPhoneは、機動性が有るから、本来の機能発揮している?
    iPadは、機動性に欠けるから、古い機能のまま?
    この様なケースも有ったと、ご連絡させて頂きました。

コメントを残す