iPhone教室での講師とサポート

活動報告 6月11日

6月11日(金)、姫路市視覚障害者福祉協会主催のiPhone教室の講師とサポーター役を行いました。

姫路デジタルサポートとしては、第1回目の講師・サポートで記念すべき活動でした。受講者は、iPhoneを使い初めて間もない5人の方でした。

iPhone教室での受講者の様子。
iPhone教室での受講者の様子
IPhone教室の様子の写真
IPhone教室の様子

内容は、入門・基礎編です。テキストは別紙のとおりです。

  1. 基本操作
  2. VoiceOverを快適に使用するための設定
  3. ジェスチャー
  4. 電話のかけ方
  5. ボイスメモの使い方
  6. Siriの使い方

初心者と言っても、Lineで送られてきた孫の動画を保存したい、メールをしたいなどみなさん意欲的でした。また、操作画面を不用意に触ってしまい、関係のないページに飛んでしまう、何とかできないかと質問がありました。

講習会終了後の受講者へのアンケートでは、ジェスチャーがうまくできなかったとの意見があり、今後は講習中にできる範囲で個別のサポートの時間を設けるなど改善することになりました。

コメントを残す